スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫俳  次の世

三河島1
三河島2
勝手にコラボ、 つげ義春「山椒魚」。 六月「月天」吟行は三河島でした。初めて訪れる地、意外と都心に近いのでまずはびっくり。物価もにら五束百円と激安、これまたびっくり。親しみのある商店街。住みやすそう。学生時代この町に下宿してたら、、、なんてふと考えちまった。三河島の「河」という字が気になってこの句を作った。唐突に「両生類」という言葉が浮かんだが、この都市の地下には誰も知らない巨大な河が流れていて、たぶんそこに棲むのは両生類、両生類こそ都市にふさわしいのではないか!と考えた次第。うっすらとした記憶の中につげの「山椒魚」があった。その世界を借りて漫俳化してみた。ピッタシだった。まったくつげの漫画は記憶に残る。
スポンサーサイト

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

かまちよしろう,俳号かまちん

Author:かまちよしろう,俳号かまちん
漫画家及び漫味俳句愛好家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。